世界共通のお金

クレジットカードは何歳から作れますか?


クレジットカードが作れる年齢は高校生を卒業した18歳以上です。
18歳でも高校に在籍している場合はクレジットカードを作ることはできません。
更に、例えクレジットカードを持つことができる年齢であっても親の同意がなければ、クレジットカード申込みできないのが成人する前になります。

具体的には申込みをする場合に親の同意書を一緒に郵送することが必要になってきます。
ですが、この年齢でも最近では利用できるクレジットカードが条件つきで登場してきました。
それがインターネット決済限定で使えるVプリカです。

Vプリカは審査なしでコンビニやインターネットから即日発行することができるカードですので、学生で、カードがどうしても必要という方には便利な一枚です。
更に16歳以上なら高校生でも誰でも作ることができるカードがVISAのデビットカードです。
これは銀行口座にあるお金を引き落とさなくても、カード支払いできるカードです。

ただ、銀行残高の範囲のみでしか使えないカードで、今月末に支払われる給料で買い物したいという方には不便なカードではあるでしょう。
これらの背景がありますが、できるだけ、クレジットカードは学生の内に作っておいたほうがいいです。
基本的に学生のうちにクレジットカードを作っておくべきメリットは、収入がゼロでもクレジットカードを作ることができるというところです。

年齢が高くなっていざクレジットカードを作ろうとしたところ、年収が低かったり、その他の理由で審査に通らなかったりといったことがある場合、不便だからです。
また、年齢が低いうちから、クレジットカードを持つ利点はもう一つあって、それはクレジットカードの返済記録を残すことができるからです。
長い間返済がしっかりと行われている場合はそれだけカード会社にとって信用が高くなり、途中からショッピング枠が上がったりなどの利点があります。

こういうメリットがあるためにクレジットカードはなるべく早く、親の同意をもらって学生のうちにしっかりと作っておきましょう。

カードを使用するメリットはポイントがたまることはもちろんですが、
他にも高額な買い物をするとき分割にできるので現金支払いに比べ一気に負担がかからないという点もあります。
これは家電製品などを購入する場合もそうですが、自由診療であるレーシック手術http://xn--kpuo06fw1aj2o.net/などを受ける場合にも高額な治療費がかかりますので、カード払いにすることで自分への負担を減らすことができます。