世界共通のお金

クレジットカード使い方入門


クレジットカードは生活のあらゆる場面で使うことができ、現金を持っていなくても支払いすることが可能な便利さがメリットのものです。
クレジットカードは世界共通通貨として利用することができ、海外旅行に行った際にもカードを提示するだけで利用することができます。
クレジットカードの基本的な使い方としては、クレジットカード支払いできる店舗での支払いをあらかじめ定められたショッピング枠の範囲の金額で、利用することができます。

支払いに関しても、あらかじめ設定した自分の銀行から、決済をした翌月の日に自動引き落としなります。
引き落とし日は大体クレジットカード会社によりますが、10日や、27日が多いです。
以上の流れをスーパーマーケットでクレジットカードを利用した場合を想定して、紹介します。

スーパーマーケットで例えば、2万円の買い物をしたとして、財布の中のお金を全部足しても足りない場合に、支払いをクレジットカードにすることができます。
クレジットカード支払いにしたいです。
と店員の方に伝えると、店員の人は一括ですか?それとも分割ですか?と聞いてきます。

どちらか好きなほうを選択するだけで、店員の人がクレジットカードを磁気の読み取る機械に通してくれて決済が完了します。
たまに、精算の時にサインをする必要があることがあります。
また、クレジットカード申し込みの際に登録した4桁の暗証番号を端末に入力する必要があることもあります。

基本的に海外での利用に関しては大体がこの4桁の暗証番号を入力する必要があります。
さて、決済が終わったあとは、自分の銀行口座に支払日までにお金を準備しておく必要があります。
無事引き落としとなればクレジットカードを利用したショッピングは終了となります。
海外旅行保険の付帯したクレジットカードは海外旅行するときに安心ですし、マイルが貯めるなどお得な特典がついています。

また、クレジットカードはリボ払いという便利な支払い方法に対応していて、どれだけの金額を利用しても、手数料はかかります。
ですが、毎月5000円なら5000円という一定の額だけを支払う精算方法も利用できます。
ただし、このリボ払いの毎月の支払い金額はクレジットカード会社によって各金額ごとに定められているのでよく確認してから利用するようにしたほうがいいです。

クレジットカードには年会費無料のカードからゴールドカードやプラチナカードなどがあり、それぞれ特典やポイントもさまざまです。